copyright (c)2019 ミソノ畳店 All rights reserved.
〒029-0803  岩手県一関市千厩町千厩字久保田127-10 TEL.0191-52-4407/ FAX.0191-34-6037
※当サイトに掲載されているデータの無断転載を禁止します。
※当サイトでは掲載情報に厳重なチェックを心がけておりますが、万が一記載ミスが生じた場合、予めご容赦下さい。

ご挨拶

ミソノ畳店 小野寺和希

 この度は当店のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。畳の心地良さをたくさんの人に感じて頂くために、国産畳の自然素材を中心に畳作りをしています。

「畳は農産物」です。畳の土台となる床は稲わらを使用し、畳の表面のゴザ(畳表)はい草を織り込んだものを使います。

自然素材で作る畳は、「調質機能」「リラックス効果」「防炎性能」「防音性能」「有害物質吸着性能」「抗菌効果」「衝撃吸収性能」など目に見えない素晴らしい機能性をたくさん兼ね備えています。そしてお部屋の空気を綺麗にして人にやさしい環境を作ってくれます。

しかし価格競争や時代の変化とともに畳床は建材化が進み、畳表は安価な中国産や化学表(人口表)が主流となり本物の畳の機能性を見失いつつあるのが現状です。その結果、素材を作るい草農家や、稲ワラ床生産者の減少につながっています。

当店では第一次産業でもある農家さんと連携をはかり、少しでも多くの自然素材を大切にし、「畳っていいなぁ~」と多くのお客様に共感していただけるよう品質、技術を高めてまいります。

当店の名前の由来

 なんで「ミソノ」なの?と聞かれることがあります。

「ミソノ」とは昔の結婚式で使っていた白粉の名前が「みその」だったそうで、そこからきた屋号だと聞いています。その白粉からきた屋号がなぜ畳屋の名前になるのかというと、もともとのはじまりは明治42年女髪結い・着付けからスタートしたミソノ美容室です。ミソノ美容室の三代目、私の祖母と結婚し、婿としてやってきた祖父が畳屋を開業しました。その際に名前を「ミソノ美容室」から名前をとってはじめたのが「ミソノ畳店」です。

​ミソノ美容室

​岩手県一関市千厩町千厩字北方14

0191-52-2277

http://misonobeauty.com/

  • Instagram