top of page
検索
  • 執筆者の写真misonotatamiten

国産いぐさか和紙か

「国産いぐさか和紙表か悩んでます。どちらが良いでしょうか」

お客様からこんな質問をされることがあります。


和紙表や樹脂表を製造しているメーカーではいぐさと比較して耐摩耗性や変色が少ないなど謳っております。

(和紙表は表面を樹脂コーティングしており、

表面の樹脂が剥がれてくるとシミなどが目立つ印象があります。)

 

 黄色くならず、ずっと青いままだから良いとおっしゃり、また和紙表で表替えするお客様もおります。

反対に樹脂コーティングが剥がれてシミが目立つのが気になるお客様は汚く見えるからと、次の表替えでいぐさを選択される方もおります。


ヘリなし畳で和紙表を選ばれる方も多いです。

最近は特にグレー系の色が選ばれることが多いです。


⚪︎いぐさは完全に均一ではなく、端の方は緑が薄くなり白っぽくなります。均一なものを求める方は和紙表の方が向いていると思います。


⚪︎和紙表は汗を吸ったりはしてくれないので、ベタつきを感じることもあります。


それぞれメリットデメリットがありますが、そもそも自然素材が好きかどうか。なのかなと思ったりもします。


私の家の茶の間では、

 最初は琉球畳でした。丈夫で長持ちするのですが琉球畳の家族が荒々しさが好きではなかったようです。

 表替えで次につけたのはダイケン和紙表のヘリなしです。和紙表は色は変わらず青いままでしたが、シミが気になり、現在は国産いぐさの畳になっています。



こんなアンケート結果もあります。

畳屋さんに聞いた自室に敷くなら、いぐさ?化学表?



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page