top of page
検索
  • 執筆者の写真misonotatamiten

落書きではありません

乾燥を繰り返し、木が痩せてきたりしますが、畳も例外ではなく、年数が経つと乾燥などで、下の写真のように畳と壁の間に隙間が空いてくることがあります。他にも凸凹などもあり、

修理する箇所を畳に書き込んでから、搬出していきます。


 工場に戻って、手縫いで畳床(下地)を修理してから、新しい畳表と畳縁を縫い付けます。

 隙間の他にも、この畳は最初に製造した方が、畳床の糸が飛んでしまっているところを放置していたため、凸凹も多くありました。針を刺しているところは全部糸飛びです。10畳ほとんどで5.6箇所の糸飛びです。糸が飛んでいるところを縫い直して、締め直し、平にします。凸凹が、あると畳表が擦れてボロボロになりやすくなってしまうので、時間はかかりますがこういう時に修理します。




今回の畳の隙間は大きく方でしたが、ピタッと隙間なく収まりました。

定期的なメンテナンスは大切です。




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page